【お金が貯まる人の口癖10選】上手に貯金を増やす習慣も合わせて紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • お金を貯めたいけどなかなか貯まらない…
  • お金が貯まる人の口癖・習慣を知りたい

多くの方はお金が貯まる人の特徴や習慣、口癖を知りたいと考える人は多いのではないでしょうか?

お金を貯めることは多くの人が望む目標ですが、実際にお金が貯まる人と貯まらない人には違いがあります。

お金が貯まる人には共通の特徴があり、その中でも口癖が大きな影響を与えていることが分かっています。

本記事では「お金が貯まる人の口癖」を10個ご紹介します。

「計画的にお金を貯めていきたい」と感じる方はぜひ最後までご参考下さい。

目次

お金が貯まる人の口癖10選

それでは早速「お金が貯まる人の口癖」を10つ紹介していきます。

  1. 「ありがとう」
  2. 「チャレンジしてみよう!」
  3. 「仕事が好き」
  4. 「どうしたら上手くいくかな?」
  5. 「幸せだな」
  6. 「わからないので教えてください」
  7. 「絶対お金持ちになる」
  8. 「皆さんのお陰です」
  9. 「私は貯金できている」
  10. 「私にやらせて下さい!」

1.「ありがとう」

お金が貯まる人は、日常の中で感謝の気持ちを持つ傾向があります。

お金が貯まる人はお金を使うときにも「ありがとう」と思いながら使うことで、お金への意識が変わります。

具体的には、お金を使ったときにその使い方に対して感謝の気持ちを持つことで、浪費を抑えることが可能となります。

例えば、高価な商品を買うときには「ありがとう、この商品を手に入れることができて嬉しい」という気持ちを持つことが大切。

そうすることで衝動買いを避けることができます。

2.「チャレンジしてみよう!」

お金が貯まる人は、新しいことに積極的にチャレンジする姿勢を持っています。

常に「チャレンジしてみよう!」ということが口癖になっていることが多いです。

これは、自分にチャンスを与え、新たな収入源や節約方法を探す意識を示しています。

例えば、副業を始めたり、節約のために新しい方法を試したりすることで、お金を増やすことが可能。

お金が貯まる人は失敗や困難に立ち向かいながらも、積極的に取り組むことができるのです。

3.「仕事が好き」

お金が貯まる人は、仕事を楽しんでいることが多いと言われています。

お金が貯まる人の口癖には「仕事が好き」という言葉があります。

これは、仕事に対するポジティブな感情とやりがいを示しています。

仕事が好きな人は、自然と成果を出し、報酬や昇進の機会を得やすくなります。

お金が貯まる人は仕事に対して真摯に向き合い、自己成長やキャリアの発展にも意識的に取り組むことができます。

4.「どうしたら上手くいくかな?」

お金が貯まる人は、問題や困難に対して積極的に解決策を探す姿勢を持っています。

お金が貯まる人の口癖には「どうしたら上手くいくかな?」という言葉があります。

これは、自分の課題や目標に対して解決策を見つけようとする意識を示しています。

例えば以下のような解決策があります。

  • ネットでお金を貯める為の方法を調べる
  • 他の成功者の経験を学ぶ など…
こうへい

お金が貯まる人は上記のような方法で自分に合った解決策を見つけることができます。

5.「幸せだな」

お金が貯まる人は、お金だけでなく幸福感や充実感を追求する意識を持っています。

彼らの口癖には「幸せ」という言葉があります。

お金が貯まる人はお金を使うときに、自分や家族の幸せを考えることが多いです。

具体的には、お金を使う前に「この使い方で家族が幸せになるだろうか?」と考える傾向があります。

そうすることで、衝動買いを抑えたり、本当に必要なものにお金を使うことができます。

6.「わからないので教えてください」

お金が貯まる人は、知識や経験を積極的に学ぶ姿勢を持っています。

お金が貯まる人の口癖には「わからないので教えてください」という謙虚さがあります。

これは、自分の限界を認め、学ぶ姿勢を持つことの重要性を示しています。

例えば、投資や貯金の方法について知識を求める際には「わからないので教えてください」と謙虚な姿勢で学ぶことが大切です。

7.「絶対お金持ちになる」

お金が貯まる人は、お金持ちになることを意識しています。

お金が貯まる人の口癖には「お金持ちになる」という言葉があります。

これは、目標設定や貯金の意識を示しています。

お金持ちになることを明確に意識することで、お金の使い方や収入増加のための努力を行います。

8.「皆さんのお陰です」

お金が貯まる人は、周囲のサポートや協力を大切にしています。

彼らの口癖には「皆さんのお陰です」という感謝の心を常に持っています。

これは、人間関係の重要性や感謝の気持ちを示しています。

例えば、節約や投資の成功においては、周囲の支援やアドバイスが大きな役割を果たすことがあります。

お金が貯まる人はその恩恵に感謝し、謙虚な姿勢を持っています。

9.「貯金できている」

お金が貯まる人は、貯金に対する意識を持っています。

彼らの口癖には「貯金できてる」という言葉があります。

これは、定期的にお金を貯める習慣を持っていることを示しています。

具体的には、収入の一部を毎月貯金するなど、自己管理能力を持ってお金を貯めることができます。

10.「私にやらせて下さい!」

お金が貯まる人は、自ら行動に移す自発性を持っています。

彼らの口癖には「私にやらせて下さい!」という言葉があります。

これは、自分の意志と行動力を示しています。

例えば、副業や節約のために自ら行動を起こすことで、収入を増やしたり出費を減らしたりすることができます。

これらの口癖を意識して使うことで、お金に対する意識や行動が変わり、貯金を増やすことができるかもしれません。

次は、お金が貯まらない人の口癖5選について見ていきましょう。

お金が貯まらない人の口癖5選

次に「お金が貯まらない人の口癖」を5つ紹介します。

  1. 「どうせ自分なんて」
  2. 「○○さんはいいな~」
  3. 「お金がない」
  4. 「でも、だって」
  5. 「無理」

1.「どうせ自分なんて」

この口癖は、自己否定的な考え方を示しています。

例えば「どうせ私なんてお金が貯まらない」と思ってしまうことで、貯金をする意欲が低くなります。

しかし、お金を貯めるためには自己肯定感を高める必要があります。

ある日、友人のAさんが「どうせ私なんて投資できない」と口にしました。すると、友人のBさんが「でも、投資って自分にもできるかもしれないよ。ちょっと調べてみるといいんじゃない?」とアドバイスしました。
Aさんは謙虚になって調べてみると、実は自分でも投資ができることがわかりました。彼女の口癖が変わったことで、新たな可能性が開けたのです。

こうへい

他人の助言を謙虚になって受け入れると、新たな道が開けることも。

2.「○○さんはいいな~」

この口癖は、他人と比較して不満を抱く考え方です。

例えば、「いいな~あの人は毎月たくさん貯金できているけど、私にはできない」と思ってしまうことで、自分の状況に満足せずに貯金ができなくなります。

ある日、友人のAさんが「いいな~○○さんは毎月たくさん貯金できているけど、私にはできないなぁ」とため息をつきました。そこで、友人のBさんが「でも、それぞれの状況や収入に合わせた貯金方法があるよ。一緒に考えてみる?」と提案しました。Aさんは他人と比較するのではなく、自分に合った貯金方法を見つけることに焦点を当てるようになりました。

こうへい

他人と比較すると劣等感を感じるだけ。

3.「お金がない」

この口癖は、貧困思考を示しています。

例えば、「お金がないから貯金なんてできない」と思ってしまうことで、貯金をする前から諦めてしまいます。

しかし、お金がないと感じる状況でも、少額からでも貯金することは可能です。

ある日、友人のAさんが「お金がないから貯金なんてできないよ」と言いました。すると、友人のBさんが「でも、毎日の小さな出費を見直してみると、意外とお金を節約できることってあるんだよ」とアドバイスしました。Aさんは自分の支出を見直すことで、少しずつでも貯金を始めることができました。

こうへい

「お金がない」という言葉が口癖はすぐやめるべき。

4.「でも、だって」

この口癖は、言い訳や障害を示しています。

例えば「でも忙しいから貯金する時間がない」と思ってしまうことで、貯金に取り組む意欲が低くなります。

しかし、時間の使い方を見直すことで貯金に充てる時間を作ることができます。

ある日、友人のAさんが「でも忙しいから貯金する時間がないんだよね」と言いました。すると、友人のBさんが「でも、忙しい時間帯でもできることってあるよ。たとえば、通勤時間や休憩時間に少しずつでも貯金をすることができるんじゃない?」と提案しました。Aさんは時間の使い方を見直し、貯金のための時間を見つけることができました。

こうへい

しない理由を見つけるよりも、まずは行動が大切。

5.「無理」

この口癖は、自己制限や挑戦意欲の低さを示しています。

例えば「貯金なんて私には無理」と思ってしまうことで、自分に制限をかけてしまいます。

しかし、少しずつ目標を設定し、実現するための計画を立てることで貯金を実現することができます。

ある日、友人のAさんが「私には貯金なんて無理」と言いました。すると、友人のBさんが「でも、少額からでもコツコツ貯金していくことはできるよ。目標を小さく設定して一歩ずつ進めばいいんじゃない?」と提案しました。Aさんは少額の貯金から始めることで、段階的に貯金額を増やすことができました。

こうへい

口に出すことで自然と自分に制限掛けてしまう事も。

これらの口癖を意識し、ポジティブな考え方に変えることで、お金を貯める習慣を身につけることができます。

次は、お金が貯まりやすくなる習慣について見ていきましょう。

お金が貯まりやすくなる5つの行動・習慣

最後に「お金が貯まりやすくなる行動・習慣」を5つ紹介していきます。

  1. 自動的な資産運用
  2. 定期的な予算管理
  3. 優先順位の設定
  4. 副収入の活用
  5. プライオリティの見直し

1.自動的な資産運用

計画的な資産運用では、自動的な投資を行うことが推奨されます。

自動的に一定額を投資することで、価格の変動を平準化し、長期的な資産形成を支援します。

自動的な投資の利点の一つは、感情的な判断や市場のタイミングを気にする必要がないことです。

自動的な投資は以下のようなものがお勧めです。

この3つは私自身も実際に行っており、コツコツと利益を出しています。

こうへい

市場や感情に左右されず一定の投資を継続することで、積み立て効果を最大化し、長期的な資産形成を促進することができますよ。

2.定期的な予算管理

予算管理は、お金の収入と支出を計画的に管理することです。

まず、自分の収入と支出を洗い出し、必要な経費や優先度の高い出費を明確にします。

次に、収入から必要な経費を差し引いた残りの金額を貯金に回すように計画します。

予算管理をすることで、浪費や無駄遣いを防ぎ、貯金を増やすことができます。

ただし、定期的な投資にも注意点があります。

市場が成長している期間には、資産の価値が上昇することが期待できますが、逆に市場が不振の期間には資産の価値が下落する可能性もあります。

投資にはリスクが付き物であり、元本を保証するものではありません。

そのため、投資する際には自身のリスク許容度や目的に合わせて適切な資産クラスや投資先を選ぶことが重要です。

また、専門家のアドバイスや市場の情報を活用しながら、計画的な資産運用を行うことが大切です。

3.優先順位の設定

優先順位の設定は、お金の使い道を明確にすることです。

将来の目標や必要な支出に優先してお金を使うようにします。

具体的な目標や貯金額を設定し、それに向けて日常の支出を見直しましょう。

予め優先順位を決めておけば、どのくらいの出費が必要になるのかを明確化できますよ。

4.副収入の活用

副収入の活用は、本業以外に収入を得る方法を見つけることです。

例えば、副業や投資などの方法を探し、収入を増やすことができます。

副収入を得ることで、貯金額を増やしたり将来の資産形成に役立てることができます。

こうへい

私自身も副業で得た収入をNISAに投資し、資産運用を行っています。

5.プライオリティの見直し

プライオリティの見直しは、定期的に自分の目標や優先事項を再評価することです。

生活状況や目標が変わった場合には、それに合わせて支出や貯金計画を調整する必要があります。

自分自身と向き合い、優先順位を見直すことで、より効果的な貯金を行うことができます。

これらの習慣を取り入れることで、お金の貯まりやすさを実感することができます。

ぜひ、自分の貯金状況を見直し、これらの習慣を実践してみてください。

「お金が貯まる人の口癖」でよくある質問集

ここでは「お金が貯まる人の口癖」でよくある質問集を紹介していきます。

  1. お金が貯まる人の性格は?
  2. お金が貯まる人の持ち物は?
  3. お金が貯まる人の服装は?
  4. なぜ口癖がお金の貯まりに影響するのか?
  5. どのように口癖を変えれば良いのか?

お金が貯まる人の性格は?

お金が貯まる人の性格には、いくつかの特徴があります。

  • 貯蓄意識や倫理性が高い
  • 計画性があり、先の見通しを立てることが得意
  • 自己管理能力や忍耐力がある
  • 欲望をコントロールし、一時的な快楽を我慢できる

このような性格を目指すことで、自然とお金が貯まりやすくなりますよ!

実際、お金が貯まる人の性格に関する研究では「長期的な視野があり、論理性が高い」人が多いことが分かっています。

出典元:TRAICY

お金が貯まる人の持ち物は?

お金が貯まる人の持ち物には、何か特別なものがあるわけではありません。

しかし、貯蓄意識が高い人は、物質的な豪華さよりも、長期的な価値を重視する傾向があります。

お金を貯めたいのであれば、以下に共通するものを選ぶようにしましょう。

  • 長期的な価値を重視する傾向
  • 耐久性のある商品を選ぶ傾向
  • 賢く選択し、無駄遣いをしない

普段から意識することで、お金が貯まりやすくなるはずです。

お金が貯まる人の服装は?

お金が貯まる人の服装には、特定のスタイルやブランドが必要というわけではありません。

しかし、お金を貯めるためには、身だしなみに気を配ることが重要です。

  • 清潔感があり、整理整頓された印象
  • 実用性やコストパフォーマンスを重視
  • 自分に合った服を選び、節約意識を持つ
  • 自信を持って身に着ける

普段から上記に共通するような服装を心がげましょう。

なぜ口癖がお金の貯まりに影響するのか?

口癖がお金の貯まりに影響する理由は、人間の心理に関連しています。

口癖は、無意識のうちに使われる言葉やフレーズのことを指します。

口癖には、人の考え方や態度を反映するものがあります。

例えば、「お金がない」「買いたい」といったネガティブな口癖は、無意識に浪費の意識を強める可能性があります。

一方で、「節約」「貯金」といったポジティブな口癖は、無意識に貯蓄意識を高める効果があります。

どのように口癖を変えれば良いのか?

口癖を変えるためには、自己意識が重要です。

まずは、自分の口癖を客観的に観察し、どのような言葉を使っているかを認識しましょう。

口癖を変えるためには以下のステップが役立ちます。

  1. 反省と気付き: 自分の口癖を客観的に見つめ直し、改善すべき点に気付きます。
  2. 目標の設定: 変えたい口癖やポジティブな言葉に対して明確な目標を設定します。
  3. 意識と努力: 意識的に口癖を変えるために、新しい言葉やフレーズを使うように努力します。繰り返し練習することが大切です。
  4. 継続と振り返り: 口癖の変化を継続的に振り返り、自己評価を行います。必要に応じて修正や調整を行いましょう。

口癖を変えることは時間と努力を要しますが、少しずつ改善していくことでお金の貯まりにプラスの影響を与えることができます。

計画的に貯金したいなら「行動・習慣」を見直すべき!

お金が貯まる人と貯まらない人の間には、口癖に関する違いが存在します。

節約や貯金に関するポジティブな口癖を持ち、計画的な行動や習慣を身につけることが重要です。

買い物の前に予算を立てたり、無駄遣いを抑えるために自分のお金の流れを把握したりすることで、お金が貯まりやすくなります。

将来のためにお金を貯めたい方は、口癖や行動・習慣を見直してみましょう。

少しずつ変えていくことで、お金を上手に貯める習慣を身につけることができるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

妻と娘の3人暮らし
(R6,1月に2人目の娘が誕生予定)

「年収をアップしたい」という思いから6年前に副業を開始し、2年後に副業収入が本業収入を超えました。最近はマイホームを購入し、家族3人で快適な生活を送れています。

【経歴】
・2018年副業開始
・2020年トータル年収700万円突破
(本業年収350万円,副業年収400万円)
・2022年6月 第1子誕生
・2023年 5000万円のマイホーム購入
・2024年1月 第2子誕生予定

「ノマド副業のススメ」では、我が家と同じような育児パパ・ママを対象とした副業や節約術など、主にお金に関する情報を発信。

コメント

コメントする

目次