youtubeの狙い目ジャンルは?単価の高いジャンルを徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • youtubeのジャンル選びで広告単価は異なる?
  • youtubeで単価の高い狙い目ジャンルを知りたい。

YouTubeにおける収益を最大化するためには、単価の高いジャンルを選ぶことが重要です。

しかし、YouTubeの単価はジャンルによって異なります。

本記事では、YouTubeの狙い目ジャンルとその単価について徹底解説します。

再生回数が伸びる動画を作る方法や、ユーザーに役立つコンテンツを提供するためのアイデア、さらには動画の長さを工夫するテクニックについても詳しく解説します。

YouTubeで効率的に稼ぎたい方はぜひご参考下さい!

目次

youtubeの単価はジャンルによって異なる?

youtube では、素人でも再生数を稼げるような動画を制作してアップロードすれば、お小遣いを稼ぐことができます。

Googleの規定に反していなければ、基本的にはどんなジャンルの動画を投稿してもOKなのが特徴で、自分が得意な分野で動画を作り、副業として収入を得ている人は少なくありません。

youtubeには、たくさんのジャンルがありますが、Googleでは、ジャンルごとの広告単価については、公表していません。

youtubeの広告単価がジャンルによってどのくらい異なるのかということは、憶測でしか出すことしかできません。

一般的には1再生当たり0.1円と言われていますが、これは全てのジャンルに当てはまるものではなく、あくまでも目安と考えることができます。

チャンネルや動画によっては、0.1円よりも高めで計算されることもありますし、0.1円よりも低い場合もあります。

こうへい

収益率が高いジャンルがあるわけではなく、工夫次第で自分の動画を収益率の高いジャンルにすることが可能。

どんなジャンルなら単価が高いの?

これからyoutubeを始めるなら、できるだけ単価が高いジャンルを選び、同じ再生数でもまとまった収入につなげたいものです。

しかし残念ながら、どんなジャンルだと効率よく稼げるのか、という具体的なものは存在していません。

同じ人が同じジャンルで2つのチャンネルを開設しても、どのぐらいのチャンネル登録者数を獲得しているのか、視聴者は動画を最後まで見てくれているのか、ユーザー離脱率はどのぐらいか、と言った統計は異なります。

youtubeでは複数の要素によって収益が計算されるため、どのジャンルは稼ぎやすくて、どのジャンルはなかなか稼げない、というルールはありません。

効率よく稼ぐためには、Googleから高評価されるような動画をたくさん作り、継続的に投稿するのがおすすめです。

具体的に動画で高評価される為のポイントとして以下のような点があります。

  1. 再生回数が伸びる動画を作る
  2. ユーザーにとって役立つ動画を作る
  3. 動画の長さを工夫する

1, 再生回数が伸びる動画を作る

まず一つ目に再生回数が伸びる動画を作るという点があります。

どんなに素晴らしい動画でも、再生回数が数回程度では、残念ながらたくさんの人が視聴しているコンテンツとは言えません。

多くの再生回数を稼いでいる動画を参考にし、どんなコンテンツを作れば再生回数が伸びるのかを研究しながら、日々の動画作りに励みたいものです。

2, ユーザーにとって役立つ動画を作る

2つ目には、ユーザーにとって役立つ動画を作るという点があります。

他の動画の内容を模写するだけでは、ユーザーにとっては既に知っている内容だけの動画となってしまいます。

こうへい

ユーザーはすでに知っている同じ内容の動画よりも新しい役に立つ情報を発信している動画を求めています。

ユーザーが「他の動画も見てみたい」と思えるような、役立つ情報が満載のコンテンツを作りましょう。

そうすれば、チャンネル登録してもらえる可能性がアップしますし、再生回数にもプラスの影響が期待できます。

3, 動画の長さを工夫する

3つ目には、動画の長さを工夫するという点があります。

youtubeで収益を出すためには、再生総時間が4,000時間を超えること、そしてチャンネル登録者数が1,000人を超えなければいけないというハードルがあります。

そのため、動画をアップした初日から収益化できる人は、ごく一部しかいません。

将来的に収益化するためには、Googleが動画に対して広告をつけやすい長さであることと、広告が差し込まれてもユーザーが嫌がらずに最後まで見てくれることを考慮したコンテンツ作りが必要。

こうへい

動画の長さは、1分以内など短すぎると広告がつかないのでNGです。

また長すぎるのも、ユーザーが途中で離脱してしまうリスクが高くなるのでNGです。

目安としては、一つのコンテンツで5分~10分程度からスタートするのが良いと言われています。

人気YouTuberのコンテンツだと、20分や30分以上のものがあります。

しかしこれから動画作りを始める人なら、できれば20分ぐらいにまとめたほうが、Googleからは高評価してもらいやすくなるでしょう。

まずは広告収入のロジックを理解しよう

Youtubeのような動画サイトでは、動画の中に広告を差し込むことによって収益を稼ぐという仕組みになっています。

例えば月に10万円稼ぐ場合を考えると、一人当たり1万円を10人から受け取って10万円稼ぐわけではなく、一人当たり0.1円で100万人にコンテンツを見てもらうことで、月に10万円を稼ごうというロジックなのです。

つまりyoutubeでは、より多くのユーザーに見てもらうことを目的とした広告収入制度を導入しています。

動画を制作する側は、そのようなロジックを考慮しながらコンテンツを作るのがおすすめ。

youtubeに広告を掲載する企業は多く、そのジャンルや業種も様々です。

起業にとっては、広告を掲載する際には宣伝する商品やサービスと同じジャンルの動画を選んだほうが、宣伝効果は高くなります。

こうへい

例えば、スポーツメーカーの広告なら、スポーツ系の動画に広告を差し込めば、大きな効果が期待できますよね。

スポーツ飲料の広告を、ペット系の動画に入れても、期待通りの集客を得られないかもしれません。

ペット系動画ならペット関連の商品やサービスを宣伝したほうが、大きなマーケティング効果が期待できるのではないでしょうか。

初めて動画を制作する際には、広告主のことまで考える余裕はないかもしれません。

その域に達してからでも良いので、広告主の立場になって自分の動画を見直してみてください。

こうへい

何本か作るうちに気持ちに余裕が出てきますし、視聴者の反応を見ながら動画の内容や構成を工夫できるようになります。

チャンネルのジャンルは統一しよう

youtubeのチャンネルは、一人1チャンネルと決まっているわけではありません。

一人で複数のチャンネルを開設しても問題はありませんし、Googleから注意を受けることもありません。

しかし、一つのチャンネルごとに投稿する動画のジャンルは統一したほうが、広告収入が付きやすくなります。

チャンネルの統一化はテレビにも共通しています。

こうへい

例えば、クッキングチャンネルなら料理に関するコンテンツのみを配信しているとユーザーはイメージしますよね。

料理が好きな人にとっては、ぜひ登録したいチャンネルだと考えるかもしれません。

しかし、クッキングチャンネルと謳っているのに競馬やスポーツの中継をするコンテンツが入っていたり、日常生活の出来事に関するコンテンツが紛れ込んでいたらどうでしょうか。

こうへい

料理が好きでチャンネル登録したユーザーにとっては、期待外れなチャンネルと認識され、登録解除される可能性が高くなります。

広告をつける広告主にとっても、具体的にどんなジャンルの広告をつけるのが適しているのか分からなくなってしまうというデメリットもあります。

ユーザーの離脱を防いで広告が付きやすいコンテンツ作りは、Googleから高評価されて広告収入を多く得るためには必要不可欠な作業です。

最初にチャンネルのジャンルを決めたら、そのチャンネルに投稿する動画は、最初に設定したジャンルのみに限定すべき。

こうへい

再生数アップを狙って異なるジャンルのコンテンツを一つのチャンネルに投入するのはNGです。

もしも異なるジャンルのコンテンツなら、別のチャンネルを開設して、チャンネルごとにジャンルの統一化を図るのがおすすめです。

自分なりのリサーチも有効

できるだけ広告収益の高いチャンネルやコンテンツを作るためには、どんな広告主がどのような商品やサービスを宣伝しているのかという点を、自分なりにリサーチすることも有効です。

例えば、美容系の商品に関する広告が多いなら、チャンネルやコンテンツも美容系のジャンルを狙えば、広告が付きやすくなると思います。

そうした分野は、一般的には収益効率が高いジャンルと言えます。

逆に、まったく広告主がついていないジャンルだと、収益化の基準を満たしても広告をつけにくいという点で、収益率は低くなってしまうかもしれません。

utubeの広告単価まとめ

youtubeの広告収入における単価が高いジャンルというものは、特に決まっているわけではありません。

再生回数やユーザー維持率など、たくさんの要素によって収益が計算されます。

その為、できるだけ効率的に収益化するなら、Googleから高評価されやすい動画作りをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

妻と娘の3人暮らし
(R6,1月に2人目の娘が誕生予定)

「年収をアップしたい」という思いから6年前に副業を開始し、2年後に副業収入が本業収入を超えました。最近はマイホームを購入し、家族3人で快適な生活を送れています。

【経歴】
・2018年副業開始
・2020年トータル年収700万円突破
(本業年収350万円,副業年収400万円)
・2022年6月 第1子誕生
・2023年 5000万円のマイホーム購入
・2024年1月 第2子誕生予定

「ノマド副業のススメ」では、我が家と同じような育児パパ・ママを対象とした副業や節約術など、主にお金に関する情報を発信。

コメント

コメントする

目次